1. トップ >
  2. 企業情報 >
  3. 安全衛生方針

安全衛生方針

 

基本方針

オリエンタル白石は、安全と衛生を事業活動推進のための最優先課題と捉え、当社の事業所で働く全ての人々の「安全の確保と健康の増進」を図る。
安全衛生水準を向上させるため、労働安全衛生関係法令又はこれに基づく通達等および当社において定めた安全衛生に関する規定等を教育・周知し順守する。
当社の労働安全衛生マネジメントシステムに従い、本支店・各事業所並びに協力会社が安全衛生管理活動に努め、全社員の協力の下に「環境に配慮して社会に貢献する」、「安全で快適な職場環境を形成する」ことを目指す。

管理方針

今期の安全衛生管理方針を以下のように定め、安全衛生活動の一層の高揚を図り、労働災害防止に努める。
  1. リスクアセスメントを更に推進し、事故・災害の芽をいち早く摘み取る。
  2. 安全と衛生の“見せる化”を図り、積極的な対策を行うと共に事業場従事者を教育し、意識を向上させる。
  3. 全社員及び協力会社に対して、安全衛生方針・管理目標・重点施策を教育・周知し、重点施策に掲げた同種災害の発生を防止する。

目標

基本目標 [無事故・無災害の達成]
[快適な職場づくりで健康増進]
   
管理目標 [死亡・重篤災害ゼロ]
[度数率 0.5以下 ・強度率 0.02以下]
[墜落災害ゼロ]
*重篤災害;重度の障害が残る災害

重点施策

  • 墜落災害の撲滅
  • はさまれ・巻き込まれ災害の撲滅
  • 飛来・落下災害の撲滅
  • 作業環境による疾病の撲滅
  • 安全衛生教育の推進
  • 交通災害の撲滅

2019年4月1日
QMS/EMS担当取締役
橋本 幸彦

PageTop