1. トップ >
  2. サステナビリティ >
  3. オリエンタル白石グループのサステナビリティ/マテリアリティ

オリエンタル白石グループのサステナビリティ/マテリアリティ

 

サステナビリティ基本方針

【基本方針】

経営理念の「人と技術を活かし、常に社会から必要とされる集団を目指す。」に基づき、私たちは社会資本の整備・維持や地域社会及び地球環境の課題解決に向けたあらゆる事業活動を通じ、持続可能な社会への貢献と企業価値の向上を追求していきます

  • 脱炭素、再生可能エネルギー、廃棄物の削減、リサイクル活動を推進し、環境保全と汚染の予防に資する技術開発に尽力し、地球環境に配慮した技術提案を行う
  • 安心・安全で快適な職場環境を実現するとともに、個人の人権や多様な価値観を尊重し、個々の能力を最大限活かせる、働きがいのある職場作りに努める
  • 協力会社と公平で信頼感のある協力関係の維持に努め、人材育成やリスク管理において一体となった取組みを実践する
  • 全ての企業活動でコンプライアンスを遵守すると共に、リスクマネジメントを徹底する

マテリアリティ(重要課題)

E

環境

  • 環境に配慮した社会の実現への貢献
    技術開発を用いた脱炭素の推進、循環型社会の実現への貢献、事業におけるCO₂排出量の削減 再生エネルギーの活用、インフラの長寿命化を通じての環境負荷の低減、環境配慮型事業の推進 再生可能エネルギー事業の推進

S

社会

  • 品質の確保と技術の強化
    品質の向上と維持・継続、組織強化と技術力による生産性のさらなる向上 良好な施工管理体制の維持、品質確保していくための技術継承
  • 労働安全衛生の確保
    労働安全マネジメントシステムの徹底、事例研究に基づいた安全教育 安全管理の徹底と安全意識の高揚、安全文化の定着
  • 人材の確保と育成
    働き方改革の推進、ダイバーシティ・インクルージョンの推進 技術の継承と自覚の醸成 経営理念や事業方針の共有と浸透 大学や他業種との共同研究等を通じたイノベーション創出と交流による事業PRの増進
  • 働きがいのある魅力的な職場づくり
    お互いの尊重と共助・相互支援の意識づくり、週休二日の実現と時間外労働時間の削減 多様性の容認と自由度の高い就業環境の整備
  • 社会貢献
    現場見学会や情報発信を通じた建設業の理解促進とブランド向上、 災害の復旧工事関与による被災地支援

G

ガバナンス

  • 企業倫理の実践
    コンプライアンスの徹底 リスク管理体制とプロセス管理の強化
  • 適切なサプライチェーンマネジメントの推進
    CSR調達の推進、技能労働者の育成支援

推進体制

サステナビリティ基本方針や戦略を策定し、マテリアリティに対するサステナビリティ推進策の進捗をモニタリング、指導し、ステークホルダーとの対話を充実させる施策を審議し、取締役会に報告・提言する組織として「サステナビリティ委員会」を設置します。

サステナビリティ委員会は、代表取締役社長を委員長とし、社内・社外取締役(監査等委員を除く)、担当執行役員、委員長が定める担当部門長で構成し、2 回/年、マテリアリティに対する推進、実行、改善等の実活動に関するモニタリング、評価、方針を審議し、取締役会に上程いたします。

委員長:社長参加者:社内・社外取締役+担当執行役員
PageTop